DELTA's Dictionary


工房DELTAの資料室です。

  • 樹種図鑑
 

樹種図鑑


 ひとくちに木材と言っても樹種によって特性は千差万別。工房DELTAで扱う木の特徴をまとめてみました。

 

(かえで) 


 主にイタヤカエデ。カエデ科の広葉樹。木肌はきめ細やか、キラキラで高級感は抜群。シルクのような光沢と表現されることも。

 非常に硬く、加工は大変。作り終わった後には毎回「もう作りたくないな…」と思いますが、仕上がりがあまりに美しいのでやっぱりまた手を出してしまうのです。

 

(さくら)


 主にヤマザクラ。バラ科の広葉樹。手触り良し、見た目よし、加工性良しの優等生。ピンクっぽいものと黄色っぽいものがあります。木肌はきめ細かく、割れにくいので細かな細工に向き、昔は浮世絵の版木に使われていたそうな。

 

(くり)


 ブナ科の広葉樹。水に強く耐久性が非常に高いという特徴があります。その長所により、縄文時代から建物の土台に使われたり様々な用途に利用されてきました。

木肌はやや粗く、高級感に溢れているわけではありませんが、豊富に含まれているタンニンのおかげで時間の経過につれて落ち着いた飴色に変化します。
 そのため、使い込んでいく実感を早く得やすい材です。

胡桃(くるみ)


主にオニグルミ。クルミ科の広葉樹。加工しやすく、ナチュラル感満点な見た目からクラフト素材として人気。木肌はやや粗めですが弾力があり丈夫。

クルミの実は食用になり、絞ったオイルも食用、木工品の塗装にも使える。DELTAのカッティングボードの仕上げもクルミのオイルを使います。

林檎(りんご)


バラ科の広葉樹。皆さんが頭に描くあのりんごの木です。木材としては珍しい。木肌はとてもきめ細かくすべすべに仕上がる。木目も美しく、個人的にはとてもフェイバリットな木。

しかし、木材の時点で節やひび割れが多く、使える部分がほとんどない。さらにとても硬い上に木目のクセが強く、刃物が思い通りに進まないため、加工はとても大変。

うーん…素材自体は好きなんだけど…

サペリ(Sapele,Sapelli) 


 センダン科の広葉樹。アフリカ中央部原産。リボンのような帯状の光沢があらわれるのが特徴です。大きな材料が取れるのと、見た目が美しいため建築材に使われます(高級ホテルの内装など)。アコースティックギターの材料としてもよく見られます。

  

ウォルナット(Blackwalnut)


クルミ科の広葉樹で、世界三大銘木の一つ。北米原産。英語ではブラックウォルナットと呼ぶ(ウォルナットはクルミ全般を指す言葉)。日本のオニグルミの仲間で名前の通り黒い色をしているが、切った直後は白い木肌で、徐々に黒くなるらしいです。

家具、床材、楽器、銃器(!)など何にでも使われる万能材。色味・木目も美しく、加工しやすく、おまけにかなり丈夫。当然人気があり、結構高い。

     

チーク(Teak)


シソ科の広葉樹で、世界三大銘木の一つ。東南アジア原産。ミャンマー産の天然モノが最高級だが、現在伐採が規制されているため、ほとんど手に入らない。現在流通する新材はほとんどがインドネシア産の植林チーク。

油分が多く、耐水性・耐摩耗性が高い。そのため船の甲板にも使われる。家具材・建築材としても高級材。家具好きにとっては天然チークのアンティーク家具は憧れの的(現代では天然チークの家具などまず作れない)。

こんな貴重なチーク材も、工房DELTAはカッティングボードにしちゃいます。

蜜蝋(みつろう)


 ビーズワックス。